おすすめ投資信託|ジャパンストックトレードを噛み砕いた言葉で習う

お金

株価次第で利益アップ

女性

最近はインセンティブを給与形態に取り入れている会社が多くなっています。インセンティブ制度を導入することで、従業員もモチベーションはアップして、企業の利益アップに繋がります。このインセンティブ制度は従業員だけでなく、会社全体の業績に関連させる制度もあります。代表的なものがストックオプション評価や従業員持株会制度です。毎月の業績に応じてインセンティブを支払う短期的なものではなく、長期的なインセンティブ設計をすることが出来ます。

ここからは詳しくストックオプション評価を説明します。ストックオプション評価を簡単に説明すると会社や企業が働いている社員に対して、あらかじめ定められた権利行使価額で将来取得する権利を与えるインセンティブ制度のことです。ストックオプション評価が与えられた社員は、利益アップしたり事業拡大したりすることによって、会社の株価が急上昇した場合に優遇されます。あらかじめ定められた会社の株式を取得できるので、株価が上昇した分を儲けることが出来ます。また、取得した株式を売却することで、社員にとって利益になります。会社の株価が上昇すればするほど、社員の儲けは大きくなります。そのため、社員は株価を上げるために、会社のために誠心誠意働くでしょう。そんな社員が増えることで、企業や会社はさらに利益が生まれて、株価が上がる仕組みになっているのが、ストックオプション評価です。これを上手に使い一流企業になったのが、日本でも有名なアメリカのコーヒー店やコンピュータ会社です。